避妊に失敗したと思ったらアフターピル服用で避妊

コンドームが破れた・・妊娠したら困る・・

 

 

セックスをすれば妊娠をする可能性は誰にでも起きる事です。

 

ちゃんとコンドームを付けて避妊してもいつの間にか外れて膣の中に入っていたり、破れたり。

 

後で気が付いて落ち込む事は誰にでもあります。

 

妊娠したい場合は喜ばしい事ですが、まだ準備が出来ていないカップルにとってはビクビクしてしまいます。

 

また、男性にはコンドームを付けたがらない人もいます。

 

女性が妊娠するとは考えず身勝手に付けずに性行為を望む事も多々あるかと思います。

 

「中には出さないから」と言ってもそれが失敗して妊娠してしまうケースは本当に多いのです。

 

もし間違って排卵日にセックスをして精子が入ってしまっていたら妊娠、中絶という最悪の事態になってしまう事もあります。

 

傷つくのは女性なのですから、自分で自分の身を守るのはとっても大切。

 

妊娠や中絶に至るまでに回避する手段をご紹介します。

 

避妊に失敗したらアフターピルのアイピルを飲んで避妊しましょう

 

 

いくらコンドームを付けていても100%避妊できるとは限りません。

 

中でコンドームが破れてしまって望まない妊娠をしてしまう場合もあり得ます。

 

そんな避妊に失敗した時に役に立つのがアイピルです。

 

この薬はアフターピルと呼ばれるものです。通常、ピルは性行為を行う前に飲んでおかないと意味がありませんが、これは後からでも効果があります。

 

ただし、100%避妊できるわけではありません。

 

効果を最大限にするためには、性行為をしてからなるべく早めに服用する必要性があります。

 

失敗したと思った時にすぐに服用できるようにするためにも、バッグの中に一回分のアイピルを入れておくことをおすすめします。

 

そうすることで、意図しない妊娠を高確率で防ぐ事が可能です。

 

ノルレボのジェネリック医薬品のアイピルが安くて人気

 

▼アイピル▼

 

 

>アイピル

 

色々な個人輸入会社から様々な系統のアフターピルが出ていますが、ジェネリック医薬品のアイピルが低価格でおすすめです。

 

産婦人科で処方されるのはノルレボですが、そのジェネリックのアイピルが安い価格で購入出来るので人気なのです。

 

新薬を作る時は多額の開発費がかかります。そのため価格が高くなります。

 

一方でジェネリックは新薬と成分が同じで、開発費がかからず安く作る事が出来るので安く購入できるのです。

 

当然同じ成分なのですから効果も同じです。

 

アイピルはノルレボと同じ効果があり価格は安いのでお得に買う事が出来ると言う訳です。

 

>>アイピル最安値はここ

 

 

 

アイピル・その他のアフターピルについて

 

>>アイピル

 

アイピルは緊急避妊薬だ。

 

セックスの後24時間以内に服用する事で95%避妊が可能というデータがあります。

 

産婦人科で処方されているノルレボのジェネリックなので安心して服用出来ます。

 

 

 

 

>>マドンナ

 

マドンナは性行為後72時間以内に服用するアフターピルです。2錠で1回分のお薬です。レボノルゲストレル0.75を2回飲みます。

 

妊娠を望まない時に効果を発揮するお薬です。ですが2回目を飲むのを忘れてしまうと言うデメリットがありますのでご注意下さい。

 

一度に多量のホルモンを摂取しますので常用するのは控えて下さい。

 

 

 

 


>>エラ

 

エラは最新のアフターピルです。

 

アフターピルは一般的に性行為の後、72時間以内の服用が必要とされていましたが、エラは時間が長いのが大きな特徴です。

 

エラは5日以内なら85%、3日以内なら95%避妊成功します。1錠のみの服用でOKなので気軽です。2回目を飲み忘れる事がありません。

 

 

アイピルで避妊が出来るメカニズム・排卵前

 

 

モーニングアフターピルであるアイピルを使うことで避妊をすることが出来ます。

 

どのような仕組みになっているのかというと、排卵前に服用するのか排卵後に服用するのかによって効果は異なります。

 

排卵後に服用したのであれば、排卵するのを防ぐ役割があります。逆に排卵後に服用したのであれば、受精卵が子宮内膜に着床しないように強制的に生理を起こす役割があります。

 

生理とは受精卵が着床するための準備をするためのものです。妊娠をしていなければ繰り返し生理が起こります。

 

そのため、生理を人工的に起こすことが出来れば妊娠は防げるというわけです。

 

アイピルで避妊が出来るメカニズム・排卵後

 

アイピルを飲むことで、含まれているエストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンが血液の中を伝って全身にいきわたります。

 

その際、脳の視床下部、下垂体という重要な部位が、女性ホルモンは十分に分泌されている、つまり妊娠をしている状態だと判断します。

 

排卵後は通常は、子宮内膜が厚くなり受精卵を受け入れる準備をするのですが、女性ホルモンを含んでいるピルを飲むことで、バランスが崩れているため、受精をしても、内膜が薄いままのために受精卵が着床しない状態になります。

 

つまり、望まない妊娠を避けることができるのです。

 

服用をしてから、おおよそ2週間から3週間ほど経つと消退出血という、月経とは少し違う出血が起こり、妊娠を避けることができたことが分かります。

 

 

アイピルを飲むタイミングはいつ?

 

アイピルを飲むタイミングは普通のピルとは異なります。普通、ピルといえば生理が始まってから服用し始めるものですが、このアイピルに関してはモーニングアフターピルと呼ばれるものなので、性行為が終わってから服用します。

 

つまり、誤って避妊が失敗したとしてもピルと同じような効果が期待できるというわけです。

 

しかし、終わった後何時飲んでもいいというわけではありません。モーニングアフターピルの場合はとにかく早めに飲むことが重要になります。

 

なぜかというと、性行為が終わってから時間が経過するとその効果が薄まってしまうからです。

 

もともと、100%防げる代物ではないので注意が必要です。なるべく、早めに服用して必要のない妊娠を防ぎましょう。

 

 

アイピルはいつまでに服用すれば良いの?

 

 

お互い、どんなに気をつけていても、さまざまな要因から、避妊に失敗してしまうリスクは、常に伴うものです。

 

性行為の後で、確実に自覚がある時はもちろんのこと、もしかしたら失敗してしまったかもしれないと少しでも懸念があるようなら、一刻も早くアイピルを服用することで、望まない妊娠を回避できる可能性があります。

 

アイピルが最大の効果を発揮するためには、性行為の後、72時間以内に服用し、その後12時間以内にもう一度服用する必要があります。

 

これで、約80%程度の確率で、避妊に成功することができますが、時間の経過と共に確率が低下し続け、効果が期待出来なくなるため、常に持ち歩くなどして、早めに服用するのが重要です。

 

アイピルは72時間過ぎると効果は無いの?時間ごとのアイピル服用の避妊確率は?

 

アイピルの避妊効果をしっかり得るためには72時間以内に服用しなければいけませんが、72時間を過ぎてしまうと効果はないのでしょうか。

 

まず、なぜ72時間以内と決められているのかと言うと、それが受精卵の着床を防ぐことができるリミットだからです。

 

性交渉をしたからといってすぐに妊娠をするわけではありません。受精し、その受精卵が子宮内膜に着床することで妊娠することができるのです。そのため性交渉後すぐに服用することで子宮内膜の状態を変え、受精卵の着床を防ぐことができます。

 

では、72時間を過ぎると効果はどうなのかというと、避妊成功率が下がります。性交渉後すぐに服用すれば成功率は99%以上ですが、72時間後になると80%程度にまで下がってしまいます。つまり、効果が無いというわけではありませんが、成功率が下がる分、妊娠する可能性が大きくなってしまうのです。

 

服用して3週間経っても不正出血がなければ妊娠している可能性があります。

 

このように、アイピルは性交渉後にすぐに利用すれば高い避妊確率ですが、服用時間が遅くなればなるほど避妊確率は下がります。そのため、避妊に失敗した場合はなるべくすぐに利用することをおすすめします。

 

アイピルは安全性の高い避妊方法なのか・排卵日の避妊に失敗しても効果はあるのか

 

アイピルは非常に安全性の高い避妊方法です。避妊成功率も高く、排卵日の避妊に失敗しても効果のある薬です。

 

通常の低用量ピルとは服用方法、作用も異なり、1日だけ飲む緊急避妊薬として使用されています。緊急避妊薬として服用されるものです。

 

低用量ピルとは異なり、定期的に飲むものではないことに注意が必要です。

 

性交後、できるだけ早く服用するほど効果は高くなります。

 

アイピルの主成分であるレボノルゲストレルには排卵を抑制する効果があり、排卵を抑制することによって受精の機会を減少させます。

 

そのため、排卵日の避妊に失敗してしまっても効果があります。万が一排卵し、受精した場合でも、子宮内膜の増殖を抑えることによって、受精卵が着床しづらい環境にします。そのため、アイピルを服用することは、非常に安全性の高い避妊方法ということができます。

 

アイピルは、世界保健機構(WHO)に必須薬に指定されている世界でも標準的な緊急避妊薬となっています。

 

そのため、安全性は非常に高い避妊薬として世界的にも認められています。

 

 

アイピルを実際飲んだ方の口コミ

 

5回ほど使用しましたが週間以内に必ず生理が来ます。今のところ副作用もなく私には合っていました。外国製のものなので心配でしたが、効果はきちんとありました。これからも、なくなったら注文しようと思っています。(Y様・25歳)

 

一度しか試していませんが万が一の時のためには必要だと思いました。病院だと診察して、処方を行った場合1万円以上もかかるのにまとめて買うととてもお得な買い物が出来ます。良ければまた購入したいです。(A様・28歳)

 

リピートさせていただいています。緊急事態にこれを飲むと必ず避妊することができます。願っていない妊娠を防ぐためには、必要なものだと確信しています。これからも安心して購入します。もう病院は高額なのでこちらを使用したら行けません。(T様・34歳)

 

アイピルを初めて服用しましたが私は失敗してしまいました。成功率などについては事前に説明書を読んで理解してましたが、やはり失敗することもありますね。もし購入を考えている方はこのような例もありますので、参考にしてください。私の意見になりますが、低用量ピルを服用する方が確実に避妊をすることができます。(K様・29歳)

 

 

アイピルの副作用について

 

 

アイピルの副作用はなぜ起きるのか

 

アイピルを使用する際には副作用が起こる可能性があります。

 

例えば、高熱が出たり、吐き気を催したりその症状は人によってさまざまです。薬を飲むときには副作用がつきものではありますが、アイピルのようなモーニングアフターピルで副作用が起こる原因は少々特殊です。

 

モーニングアフターピルで妊娠を防げるのは含まれている女性ホルモンを利用して強制的に生理を起こさせるところにあります。

 

実は、この女性ホルモンというのが原因の一つです。人間の体の中では女性ホルモンや男性ホルモンがうまい具合に均衡を保っています。ここに、アイピルのような女性ホルモンをたくさん含んでいるお薬を投与するとバランスが崩れてしまいます。

 

その結果が高熱や吐き気といった症状です。

 

例えば、高熱の場合だと基礎体温を上げる作用がある物質が増えて、基礎体温を下げようとする物質が減ります。

 

そうなると、体温がどんどん上がっていって高熱という副作用が現れてくるわけです。とはいえ、このような副作用は時間が経てば収まります。自分の身を守るためにもうまくアイピルを使っていきましょう。

 

どれくらい副作用は続くの?

 

アイピルとは緊急避妊薬です。別名、モーニングアフターピルとも呼ばれています。望まない妊娠を回避するための薬ですが、幾つかの副作用があります。その副作用がいつまで続くのか。また、どのような症状が起きるのかを紹介します。

 

まず、副作用が続く期間がですが、基本的には症状が出た後すぐに治まると言われています。なぜなら、アイピルによる一時的なホルモンバランスの乱れが原因であるためです。ただし、体質によって長引く場合も有りますから、その時は病院へ行くのが無難です。

 

次に症状についてです。主な症状は、吐き気・頭痛・倦怠感・下腹部の鈍痛・乳房の張りなどがあります。アイピルを飲むという事は、大量の女性ホルモンを一度に摂取する事になるため、避妊効果は優秀ですが副作用も起こりやすいと言われています。

 

いうまでもなく、アイピルは100%避妊が出来るものではありません。あくまでお守り代わりに携帯し、いざという時はなるべく早く使用して、避妊の確率を高めるようにしましょう。

 

吐き気が強いなら吐き気止めを飲もう!

 

アイピルはアフターピルです。避妊に失敗した時にすぐに服用することで子宮内膜を剥がす効果があるため、着床を防ぎ、避妊することができますが、体内のホルモンバランスを急激に変化させるため、つわりのような吐き気といった副作用を生じることがあります。

 

しかし、吐いてしまうと成分が吸収される前に体外に出てしまい、避妊効果が薄れてしまう可能性があります。そのため、辛くても吐かないように我慢するしかありません。この際、あまりに吐き気がひどい場合は吐き気止めとして、乗り物用の酔い止めを服用すると吐き気を軽減することができます。

 

また、水分を多めに摂ることをおすすめします。
このようにアイピルは避妊失敗時に利用することで、着床を防いで避妊することができます。

 

そして、人によっては吐き気が強く現れてしまう場合がありますが、吐いてしまうと避妊効果が得られない可能性があります。そのため、酔い止めなどの吐き気止めを利用してなるべく吐かないようにする必要があります。

 

アイピルは避妊に失敗した時に常備しておくと便利

 

 

週末にカップルでデートを楽しむ、という人も少なくないと思いますが、付き合っていれば性交渉を行う事は自然な事。

 

その際にコンドームに穴が開いたの様に何かしらの理由で避妊に失敗してしまうこともあるかもしれませんが、その際には緊急避妊薬であるアイピルを服用すると安心できます。

 

アイピルは避妊に失敗した際24時間以内に服用することで95%という高い避妊の効果を得ることが出来ます。

 

主に婦人科などの病院で処方してもらうことが出来ますが、土曜日の夜に避妊に失敗した場合は日曜日に受診しアイピルの処方が必要ですが、日曜日を休診にしている病院は多くあります。そのためアイピルを複数錠、常備しておくと安心できます。

 

先ほどアイピルを病院で処方してもらうことが出来るとしましたが、アイピルはインターネットを利用して薬の通信販売からも購入することが出来ます。

 

また購入の際は処方箋は必要でないため、わざわざ平日に病院を受診する必要がないので金銭だけでなく時間の負担も減らすことが出来ます。

 

しかしアイピルはあくまでも緊急の場合に服用する薬なので、性交渉の度に服用する薬ではなく、避妊に失敗した時に服用することが大切です。

 

常備しておくことで妊娠を避けることは出来ますが、あくまでも緊急避妊薬として使用することを忘れないようにしましょう。

 

アイピルを飲んだ後翌月の生理はいつくるの?

 

 

アイピルを飲んだ後に妊娠を回避できたかどうかわかるのは生理が起こった時になります。

 

モーニングアフターピルは生理を強制的に起こさせるものなので、生理前に服用した場合は数日後に月経が始まります。

 

生理後に服用した場合はすぐに月経が起こるというわけではありません。だいたい次の生理予定日に合わせて月経が起こります。ですので、多くても3週間以内には妊娠しているのかどうかがわかるようになっています。ただ、注意してほしいのはいつもよりも出血が少ない場合です。

 

不正出血をしている場合は、妊娠している可能性がありますので気がついたらすぐに妊娠検査薬を使うようにしてください。

 

このように、アイピルを飲んだとしてもすぐに結果がわかるわけではありません。結果が出るまで落ち着いて行動するようにしてください。

 

アイピルの種類 レボノルゲストレル「LNG法」 ノルレボ錠と「ヤッペ法」フラノバールの違いを比較

 

アイピルはレボノルゲストレルです。

 

アフターピルにはレボノルゲストレルという緊急避妊専用の薬を使う「LNG法」 と、1970年代に開発された中用量ピルを使用する「ヤッペ法」の2種類があります。

 

まず、前者のLNG法は、セックス後72時間以内にレボノルゲストレル(1.5ミリグラム)を1錠服用します。この方法を行う場合に病院から処方されるのは、 ノルレボ錠が一般的です。

 

もう一方のヤッペ法は、避妊に失敗した後に決まった時間に2回中用量ピルを飲むという内容です。こちらの方法の場合に病院で処方されるのは、フラノバール配合錠ですが、低用量ピルでも代用できます。ただし、服用量は倍で、中用量ピルであれば2錠なのに対して低用量ピルの場合は4錠が必要です。

 

なお、LNG法でもヤッペ法でも出血が始まれば避妊成功で、排卵前であれば5日、排卵後ならば21日以内が目安となります。ちなみに、両者の避妊効果を比較した試験では、LNG法の妊娠率が1.1パーセントだったのに対して、ヤッペ法は3.2パーセントとやや高くなっています。

 

さらに、副作用が特になかったと回答した割合もLNG法が93.3パーセント、ヤッペ法40.1パーセントという内容で、ノルレボ錠を使用する方が、効果と安全性の両方において優秀という結果が出ています。

 

アイピル服用後1週間で再び避妊のため服用するのは大丈夫?

 

アイピルを連続して常用する事により悪影響がないか、初めて利用する方は気になります。

 

この薬は主に緊急避妊用に使用する方が多い薬で、一週間程度の期間があいている場合は服用しても影響が少ないです。

 

注意が必要なのは間違えて続けて2回続けて服用した場合になります。つまりある程度日にちが経過している場合は服用しても問題がないです。

 

化粧ポーチなどに入れてすぐに飲めるような状態で持ち歩くとこの薬を服用する効果が期待できます。

 

この薬を常用する方は煙草やアルコールに注意が必要です。この薬は避妊をするための効果がかなり期待できますが、喫煙や飲酒の習慣がある方には血栓ができやすくなるなどの悪影響が考えられるからです。また高血圧や糖尿病などの持病がある方は医師と相談が必要になります。

 

服用後に気分が悪いなどの症状がある場合は、早めに医師の診察を受けるようにします。どの薬もそうですが、アイピルも連続して常用をしていると悪影響がある可能性があるからです。

 

アイピルの処方は病院受診すれば保険証は必要だが通販なら不要

 

アイピルはアフターピルの一種で性行為の後に飲むピルで緊急に避妊を防ぐために服用するピルのため緊急避妊薬とも呼ばれています。

 

アフターピルは妊娠を防ぐために排卵を遅らせたり精子が子宮に入るのを防ぐ働きをしたりいろんな方法で妊娠を避けるように働きかけをします。

 

その為避妊に失敗したと思われるタイミングから72時間以内に飲むようになっており早ければ早いほど効果が高いといわれています。

 

産婦人科等の医療機関でも処方してくれますが病気ではないので保険証を提示しなければならないにも関わらず保険が適用されません。

 

近所の人や親や家族に産婦人科を受診するのがばれるのが不安な場合は通販でも購入することもできます。

 

通販で購入すれば保険証も必要なく近所の人とも顔を合わせずにすみます。

 

もし家に届けてもらいたくない場合には郵便局留めに指定することもできる通販のサイトもあるので確認してみることも必要です。

 

女性が自分の身体を守ることは大切な事なのでいざとなったときに躊躇なく購入できる方法で守っていくことが必要です。

 

アイピルは薬局で買える?

 

 

アイピルはノルレボのジェネリック薬品で緊急避妊用のアフターピルです。

 

避妊を失敗してしまった場合、性行為後の72時間以内に飲む薬で臨床実験では24時間以内であれば95%の確率で避妊できたという結果がででいます。

 

アフターピルのなかでも1錠で効果を発揮するので万が一のために常備している人も多い人気のピルです。

 

一般の薬局では販売されておらず産婦人科などの病院を受診し処方してもらうか海外医薬品の輸入代行サイトで購入することができます。産婦人科などの病院の場合、カルテなどを作成する関係上、保険証を提出しますが保険はきかず自主診療です。

 

海外医薬品の輸入代行サイトでは保険証の提出は必要なく顔も合わせることもなく購入することができるので利用している人も多いようです。

 

海外医薬品の輸入代行サイトによっては自宅に届けず郵便局留め等の手配をしてくれる所もあるのでいざとなった時のために購入しておけば様々な問題を抱えずにすみます。

アフターピルはアマゾンや楽天で買える?

 

いざという時に手元にあったら安心、のアイピルですが、残念ながらアマゾンや楽天などの有名通販サイトで購入する事は出来ません。アイピルは日本国内では処方箋が必要な薬なので、薬事法の関係で通販では取り扱っていません。

 

婦人科で診察を受け、処方箋を出してもらえば手に入るのですが、なにしろ時間もお金もかかります。万が一のために備えたい薬ですので、わざわざ病院に行くのも大変です。
そこで、アイピルは個人輸入で購入するのをお勧めします。

 

個人輸入、と言うと難しく聞こえますが、個人輸入代行業者にお願いすれば、普通の通販と手間は同じです。

 

申し込みフォームに名前・住所・連絡先を書き込み、振込またはカード情報も送れば手続き完了です。

 

料金も、日本で病院に行って購入するより半額以上安くなります。

 

ポイントはただ一つ、信頼出来る代行業者を見つける事です。

 

私が紹介している個人輸入業者さんは100%正規品保証なので安心です。

 

事前のアフターピルは病院では買えない

 

事前に用意するために病院に行っても処方してはもらえません。

 

妊娠の危険があるという理由が無ければもらえないのです。

 

「アフターピルを常備ください、事前購入くださいって言ったって、それが出来ないんじゃ無理じゃないの!」
そんな本音が聞こえてきそうですね。

 

日本では薬局では処方してもらえないですが、海外では薬局で気軽に買う事が法律的に許されています。

 

では、国外旅行のついでに薬局に行って買うというのも現実的にはなかなかチャンスはありません。

 

そこで個人輸入代行業者を利用すればアフターピルを購入する事が出来ます。

 

自分一人で海外の薬局から輸入するのは言語の壁がありますが輸入代行業者を使えば通販サイトで購入する手続きとほぼ同じです。

 

海外から輸入ってどうすればいいのか、言語は英語なのか、何で支払えばいいのか、騙されるのではないか、、
などと不安がよぎるかもしれませんがそのような不安は全く必要ありません。

 

輸入代行について説明していきたいと思います。

 

日本にいながら通販で買えるアフターピルのアイピル

 

 

では気軽に安全にできるアフターピルのアイピルを輸入代行についてご紹介します。

 

個人輸入とは?

 

海外からの輸入となると一番不安になるのは英語でやり取りするのではないかという事ですね。

 

何か間違って届けられたり、商品が壊れていたり、配送がとても遅れたりという事が発生した場合、外国語でメールをやり取りするのはとても難しいです。

 

そこで個人輸入代行業者を利用すれば、海外とのやり取りを仲介業者がしてくれるので発注から配送まで外国語でのやり取りは一切ありません。

 

ネット通販を楽しむように全て日本語で利用できます。

 

何か配送についてトラブルが起こった時の事を考えても代行業者が間に入ってくれているので安心です。

 

アイピルを予備で買いたいという事も個人輸入なら叶える事が出来るのです。

 

 

 

アイピルの値段はいくら位が相場なの?

 

アフターピルを病院で購入するといくらくらいなのか?

 

アフターピルは日本の病院でも処方してもらえます。

 

しかし、病院で処方される場合と、通販で購入する場合では、同じピルを買うにしても費用の相場が大きく異なります。

 

病院では必ず診察料がかかるので、ピルの料金を合わせると、一回の受診で1万円から2万円前後が相場です。

 

それに対して、個人輸入で購入する場合の価格相場は、平均一箱1,000円?2,000円前後。

 

なぜこれほど違うのでしょうか。

 

まず、産婦人科などでアフターピルを処方してもらう場合、「避妊」は「病気ではない」という理由で、健康保険が適用されません。その為、診察料諸々が10割自己負担となります。

 

そして、ここから先は各病院では言わないことですが、「保険を適用されない薬」の値段は、各病院で自由に決めることができます。

 

たとえば1000円で仕入れることができる薬を、A病院では2000円、B病院では3000円で販売する、という事が可能です。これが、同じピルでも病院によって値段が違う理由にもなっています。

 

海外個人輸入だから安いのではありません。

 

病院で処方されたものを買う場合は、病院に対しての手数料を、上乗せして払っているというだけの違いです。

 

個人輸入のデメリットは到着までに時間がかかる事

 

個人輸入はメリットだけではなくデメリットもあります。注意しなくてはいけないことがあります。

 

それは例え即日配送してもらえても到達までに5〜7日ほど日数ががあるということです。

 

 

どれだけ素早くネット通販で購入しても楽天やAmazonでの買い物よりは遅れるのです。

 

注文して次の日に欲しいところですが、個人輸入でアイピルを購入しても無理というもの。

 

だからこその、常備薬なのです。

 

起きてからでは遅いので前もって買っておいた方がいいです。

 

もし、今の時点で72時間以内にアフターピルを飲む必要がある状況ならば迷わず病院に受診して処方してもらいましょう!

 

 

アイピル服用後に注意する物事

 

アイピルを服用した後の注意するべき事についてご説明しますね。

 

喫煙、飲酒、授乳中についてご紹介しています。

 

アイピル服用後喫煙は避ける

 

アイピルの服用は体内の女性ホルモンの分泌・バランスに直接的な影響を与える為、本来の狙いである避妊効果以外にも様々な作用が見られます。

 

その中の1つとして、血栓が出来易くなるという作用があります。

 

この作用が、喫煙との相性の悪さに繋がります。タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させるという作用がありますが、アイピルの作用と相乗的に発揮されてしまう事で脳梗塞・心筋梗塞・脳卒中といった重篤な症状の発症率を、大きく引き上げてしまいます。

 

相性の悪さとしてはかなりのレベルで、一定量以上の喫煙習慣がある場合には医師によるアイピルの処方が見送られるほどです。

 

従って服用後にアイピルの作用が体内で残っていると考えられる時期においては、喫煙を避けなければなりません。

 

期間の目安としては、服用後数日から1週間過ぎ程度の期間に避妊成功のサインとなる微量の出血が見られますが、少なくともこれが見られるまでは喫煙の再開をすべきではないと考えられます。

 

 

アイピルは授乳中飲んでもいいの?

 

授乳中はホルモンの影響で生理が止まり排卵が起きないケースが多いですが、100%妊娠しないわけではありません。

 

育児を考えると妊娠を望まない方が多いですが、薬を服用すると約8時間は母乳や血液中の薬の濃度が高くなります。

 

その後、徐々に低下していき、24時間後にはほとんど数値は下がってしまいます。

 

アイピルの成分はレボノルゲストレルで副作用の低い薬ですが、

 

空腹時に飲むと吐き気などが起こる方もいます。

 

味が変わったり、乳児に影響が出た報告はありませんが、安全を考えるならば離乳食や幼児用ミルクに切り替える6ヶ月頃まではアフターピルを飲まない方法で慎重に避妊することをおすすめします。

 

アイピルを服用後お酒飲んで大丈夫?

 

アイピルは、膣内射精から24時間以内の服用で95パーセント、72時間以内で75パーセントという高確率での妊娠回避効果が報告されている緊急避妊薬です。ただし、完璧に妊娠を回避できるという内容ではないうえに、決められた使用法を守らなければ得られる効果は低くなってしまいます。

 

また、アイピルは誰でも服用できるというわけではなく、乳がん・子宮癌の人や35歳以上で1日に15本以上タバコを吸っている人の使用は適当ではありません。さらに、腎疾患・心疾患及び既往歴のある人は事前に医師の指示を仰ぐのが適当です。

 

一方、タバコと共に嗜好品として人気が高いお酒は、特に禁止されていません。これは、黄体ホルモンが分泌されている状態を人工的に作り出し、生理を引き起こすという作用の妨げとはならないからです。

 

ただし、アイピルは毎日決まった時間に服用するのが適当なので、飲み過ぎて忘れてしまうということがないように注意しなくてはなりません。つまり、飲み過ぎたらダメということです。

 

 

 

アイピルのまがい物や虚偽にあたって

 

 

WEB通販のタイプ贋造や虚偽の報道が紙面をもり立てることにヒマも乏しい昨今ですが、残念ながらアイピルの贋造や虚偽webも現存するようです。
ここでは、だまされずに正規のタイプをふさわしいコースで入手できるようにいくつかのポイントをご紹介します。

 

まがい物の見分け奴は

 

本物のアイピルは有名薬品製造元のシプラ社というショップが創造取引をしています。
まがい物はシプラ社以外のショップがアイピルの呼称で創造販売している事、ということになります。
では他社創造ではなぜいけないのか?

 

取り敢えず容認外の場で製造しているわけですから衛生面が心配ですね。
さらに最も重要な材質。形品では便利材質レボノルゲストレル1.5mgが含まれていますが、まがい物は材質本数が少なく避妊の反響が得られなかったり、逆に多かったりしてボディに危険を及ぼす可能性もあるのです。

 

一層、対価を払ったはいいが、タイプがからっきし届かない…販売すらしない虚偽webも存在するのが現状です。
あまり、書いとくという、自分輸入の場合、日本販売されていない薬を購入しても犯罪にはなりませんが、それを他人に売ったり渡したりすると犯罪になります。

 

飽くまで「国外から個人で買って個人の使命で使用する場合にはどうぞ」という持ち味ですね。
なので、販売根本が国内のものは犯罪法人ということになります。

 

タイプを送って欠ける虚偽webはもちろん、送られてきてから詐欺だという気づいたのではのろいですし、詐欺だという気づかず飲んでしまっては取り返しがつきませんので、継続の時点で虚偽webを見極める方式をご紹介しますね。

 

どんなメールオーダーサイトを選べば好ましい?

 

虚偽webの見極め方ですが、大きく分けて3つの所があります。

 

額が安すぎないか

他のwebと比べて極端に経費の短いものは要注意です。
別章も述べたようにはじめ粒1300〜2000円ほどって、投資はあります。
まとめ買いすればもう安くなりますが、あんまり経費の少ないものは要注意です。
形雑貨はしっかりとした管理の下で創造販売されていますのでそれなりのコストがかかって来る。
なので、少ないから、と言って安易に飛び付くのは止めましょう。

 

電話での問い合わせトップがあるか

事柄のトップがあるのはサイトの常識ですが、ここでグループ所となるのが「呼出」という点だ。
販売をしなかったり、タイプがまがい物だったりすればもちろん苦情や問い合わせの案内も増えて来る。
そのときにメルアドのみの事柄ならば「見ない」ということも法人側とすればできますが、呼出トップを設けているとなるとそれほどはいきません。
逆説的言えばわざと呼出トップを設けて要る、は苦情の生起が早く、また起きた被害には断然対応するという良心的な仕打ちが見られます。

 

取り換えフィットを保証しているか

 

形雑貨だったとしても不良品があたってしまうことはあります。
そういった場合、取り換えフィットをしてくれてある法人なのか確認をしましょう。
末端からまがい物を並べる法人は取り換え実証など出来ないですもんね。

 

アイピルは飲んでもセキュリティ?人体への効果はどうして?

 

アイピルは急激に女房ホルモン濃度を変化させるお薬だ。摂取ときの反動はあるものの後遺症もなく、高確率で反響が得られ、安全なお薬だ。
執刀とは違い人体を痛め付けることもありませんし、不妊になるなどのリスクもありませんし、万が一避妊に失敗したとしても、胎児に効果はありません。
ただし、「だとすれば、いつでもこちら飲めば避妊しなくてもよろしいや〜」は危険です。絶対におやめください。

 

常用するなら低用量ピルを飲みましょう

 

 

 

アフターピルは受精卵の着フロアを防ぐための中頃容積のホルモン剤だ。
受胎を遠退けたくて常用したいのであれば卵胞の成熟といった排卵自体を防ぐ低容積ピルを服用して下さい。
低容積ピルはセックスをする、しないに関わらずデイリー呑み続けなくてはいけませんが、あるホルモン本数が隔り、反動もたまさか避妊反響も断じて100%、人体への負担が違う。
中体積のアフターピルは飽くまでも応急避妊薬といった心得ましょう。

 

呑みすぎ禁物!

また、反響を上げたい、堅持させたいなどの理由で指定された度数以上のアフターピルを服用することはやめましょう。
人体へ負担がかかり、反動がひどくなるケー。
指定された錠度数を指定された時間に飲み込む結果効果は大丈夫。

 

連続して飲んではいけない

連続的にホルモン濃度の急増→急悪化、強制的に消退出血液を起こさせるのを増やすことは、人体への負担となります。
そうして、繰り返し使用することで生理テンポが不定期になりがちですし、自身でも把握できなくなる。すると危険お日様の演算も不可能で、またアフターピルのお世話になる、という手詰まりも起きかねません。
雑なのが、アフターピルを摂取あと、消退出血液が起こる前にまたアフターピルを摂取、なんてことになると、消退出血液のタイミングもそのあとの生理テンポも意義が分からなくなるうえに、万が一避妊に失敗していた場合もどちらの行いでできた幼子なのかも意義が分からなくなります。
アフターピルの常用は絶対におやめください。

 

自分の健康を守れるのは、自分の「心地」だけ

 

避妊にうれしいアフターピルところが、結びつき方を間違えると、自分のカラダをないがしろに向き合うことになります。
自分の健康を大切に思ってアフターピルを「おまもり」にするのも「便利な薬」として自分の健康に利益負担をかけるのも、最後は自分の「心地」、頭しかありません。
必ず必ずアフターピルと素敵なお付き合いを通じてくださいね。